昨今増えてきている肥満治療外来やダイエット外来。総合病院やクリニックなどで肥満状態に応じた指導や薬を処方してくれるというものですが、診察及び肥満治療薬の処方が保険適用外な場合がございますのでご注意ください。

ダイエットを成功させるための食事の栄養管理

健康的にダイエットするためには、食事の栄養管理が重要です。

ダイエットの基本は、消費カロリーが摂取カロリーよりも上回ることです。
この状態を続けることが出来れば、理論的には必ず痩せることが出来ます。

栄養管理の基本として、1日30品目摂取を目指し、必要カロリーよりも200~300kcal少なく摂取することが近道になります。
ただ、この食事の理屈だけわかっていても、ダイエットしている人には感情があります。

これが無感情のロボットであれば摂取カロリーの数値だけを意識して減らせば良いのですが、人間の場合には「もっと食べたい」「味気ない」「物足りない」など様々な感情が出てきてしまいます。
この感情によって、ダイエットが失敗してしまうケースは多いです。

それを感じさせにくくするのが、ダイエット成功への秘訣です。
そのためには、食材選びをしっかりと行うことが大切です。
低カロリーの食品でも、栄養素が多いものならば脳が満足して、必要以上に食べすぎることがなくなります。
逆に、どんなに多量の食品を摂っても、それが栄養バランスの偏ったものだと変に食欲が出てきてしまいます。
栄養バランスが取れていないと、その欠如した栄養を補おうとしてさらに食べたくなります。
この時、欠乏している栄養素だけ摂取出来れば良いのですが、欠乏している栄養素がわからないと、不要な栄養素を過剰摂取してしまうことになります。

ダイエット中の食事の栄養管理では、体の原料となるたんぱく質の摂取を行うことが大切です。
主菜に肉・魚・卵をバランス良く入れることに気をつけ、質の良いものを少量摂取するように心がけます。

大切なのは量ではなく質だということを覚えておきましょう。